信販系の借入の審査とその傾向について

信販系の借入の審査とその傾向について

借入を考えた時、多くの人の頭に浮かぶのが銀行か消費者金融のカードローンではないでしょうか。最近は銀行系も盛んにコマーシャルを流していますので、借りたことがない人にもその存在は知られています。それに引き換え信販系からの借入、というのは知名度が低く、真っ先に思い浮かべる人はほとんどいないでしょう。
信販系とはクレジットカードを主に扱っている会社のことです。名前だけなら、誰でも聞いたことがあるほど有名な会社がたくさんあります。クレジットカードのイメージが強いため、キャッシングやカードローンを扱っているイメージはあまりないかもしれませんが、最近は多くの信販会社が個人向け融資サービスを提供しています。クレジットカードに付随しているキャッシングは昔からありますが、今はカードローン専用のカードを発行しており、消費者金融や銀行のカードローンとまったく同じ使い方ができます。
そんな信販系の借入の審査は、銀行よりは緩く、消費者金融に比べると若干厳しい、という傾向です。中間的とも言えますが、どちらかといえば消費者金融に近く、銀行で融資を断られた人でも貸してもらえる可能性があります。ただ、会社によってかなり差があるのが実際のところで、金利の低いカードローンは審査が厳しくなるのは銀行と同じ傾向です。
信販系からお金借りるなら、審査のスピードには期待できません。消費者金融と比べるともちろんのこと、銀行系に比べても遅い傾向があります。銀行の審査には通らないが消費者金融は避けたい、という人におすすめです。